何らかの要因によって金融市場がパニック的な状況に陥ったときには、必ずと言ってよいほど円が対ドルを中心に他の通貨に対して強くなり、円高が進むことは多くの個人投資家にとって実感であると思うが、そういう時にいつも決まって各メディアでコメンテーター等により報じられるのが、『有事の円買い』または『安全資産である円への逃避』などのフレーズである。

しかし、このような報道のなされかたは明らかに間違いであり真実ではない。

海外の投資家は本国で株式や不動産などに投資を行う際には当然の事ながらその国の通貨で投資を行うが、投資家は金利の低い円で資金を調達し自国通貨に交換して投資を行っており、有事(リスクオフ)の際にはそのプロセスの逆回転が起こり、金融市場で投資資産が売られ、再び自国通貨を円に交換するため円買となり、結果的にそのような時には円高になるのである。

GDP比で2倍以上もの政府債務のある国の通貨を安全資産であると言い切ってしまう、コメンテーターは明らかに金融市場の実態を理解しておらず、真に受けるべきではない。